自宅でも豚骨スープは作れるの?

とんこつラーメンの味を大きく左右するスープはどのように作られているのでしょうか。そもそも豚骨スープはこの九州ラーメンの影響で全国的に有名になったスープです。これまでスープといえば鶏ガラが一般的でしたが、この豚骨スープの登場は大きな衝撃を与えました。豚骨スープの大きな特徴は鶏ガラよりも濃厚な味わいのスープが作れるという点です。さらにコラーゲンたっぷりで鶏ガラと比べて美肌効果が期待できます。何よりも深いコクは他のスープの追随を許しません。

豚骨スープ豚骨スープは白く濁っていることが特徴の一つです。その理由は沸騰した状態で煮詰めることによって豚骨から溶け出したコラーゲンがゼラチンへと変化し、このゼラチンが豚骨から溶け出した脂肪を包み、乳化現象を起こすからです。このような乳化現象によって豚骨スープは白く濁ります。もしも豚骨スープを家庭でも作りたいという場合には水3Lに対して豚骨1kgその他多めの野菜を用意しましょう。多めの野菜を用意することによって豚骨スープの独特の臭いを取ることができます。臭みのない飲みやすいスープを作るためにはたくさんの野菜と水が必要なのです。水は沸騰した状態で見つめるために蒸発しやすいので多めに用意しておくと良いでしょう。こうしたポイントを押さえておけば自宅でも豚骨スープをつくることができます。


豚骨ラーメンの魅力

たくさんのラーメンがある中で豚骨ラーメンの魅力とは何でしょうか。豚骨ラーメンは醤油ラーメン屋味噌ラーメンなどと比べて味付けが難しいとされているラーメンの一つです。なぜなら豚骨で出汁をとった場合臭みを取る必要があるからです。九州の本場の豚骨ラーメンはこうした臭みをしっかりととり濃厚でありながらあっさりとした舌触りを実現しています。

替え玉また豚骨ラーメンは独特の文化として替え玉というものがあります。替え玉はスープはそのままにしておいて麺だけをおかわりするシステムです。スープの温度は徐々に冷めていきますのでそれに応じて麺の硬さも柔らかくしていくというのが一つの方法ですが、豚骨ラーメンの場合には固い麺をスープに通して食べるというのも非常に親しまれている食べ方です。豚骨ラーメンならではのこのような特徴を十分に楽しみながら、様々なトッピングや麺の硬さを試してみると良いでしょう。また替え玉をしながら少しずつトッピングも変えてみると替え玉をするために違う味を楽しむこともできます。初めからたくさんのトッピングをつけてしまうと一つの味に固定してしまいますので、少しずつトッピングを変えることによって豚骨ラーメンの味の変化を十分に楽しむことができるでしょう。

〔関連HP〕鶴亀堂 – 名古屋で豚骨ラーメン


豚骨ラーメンのトッピングに合うのは?

ラーメン好きの方なら誰でも一度は食べたことがあるであろう豚骨ラーメンですが、実はトッピングを含めると非常に奥の深いラーメンでもあります。豚骨ラーメンには非常にマッチするトッピングがたくさんあり、自分好みのトッピングをすることによって世界で一つだけの豚骨ラーメンを作るというのも良いでしょう。

半熟卵中でもおすすめのトッピングの一つに半熟卵があります。卵は色々な汁物に合うトッピングとなりますが豚骨ラーメンに対しても非常にマッチします。その上半熟卵であることによって豚骨ラーメンの濃厚なスープとキミが絡み、非常に濃厚な味わいを楽しむことができます。また豚骨ラーメンと一緒に白米などを食べる際には豚骨ラーメンのスープが絡んだ卵の黄身をご飯にかけて食べるというのも非常においしい食べ方の一つでしょう。半熟卵と言ってもどれぐらいの時間で茹でるのかによってその程度は様々です。自分が一番好きな茹で具合を色々と試してみると良いでしょう。さらに豚骨ラーメンならではのトッピングとしてたかなや明太子といったものがあります。豚骨ラーメンの発祥は九州のせいか、九州で有名な高菜や明太子というトッピングをのせると絶妙にマッチします。こうしたトッピングをベースにしてニンニクなどを加えるとさらに深い味わいを楽しめることができるでしょう。こうしたトッピングはあくまでも基本的なものです。豚骨ラーメンの相性は色々なものとマッチしますので色々と試してみる楽しみもあるでしょう。